Responsive image
こんなお悩みも解決できます!
工場編
お悩み
人件費がシビアでシフトが組みづらい
人件費を計算しながらシフトを組むのが難しくシフト作成に時間がかかってしまいます。
解決策
シフト調整も人件費計算も自動で
シフト作成時に人件費が自動で算出され、手動で計算する必要がないため、計算ミスも起こりません。
お悩み
人員の割り振りを変えるのが面倒
作業の難易度がラインごとに異なる場合など、それを踏まえてシフトを作成するのに労力がかかります。
解決策
習得度を考慮して自動で割り振り
従業員ごとに業務の習得度を設定できるので、最適な配置をシステムが考えてくれます。
製造業(工場のライン)の利用例
工場の各工程または各配置で、誰が何時から何時まで働くのか把握できます。5分単位の効率のいいシフト組みで細かい工程にも対応可能です。シフトによる人件費も随時確認できます。
1.受注データに基づいた必要人員数とシフト組み優先条件をシフトモデルに登録する
各生産ラインごとに班を分けて、交代制のシフトを登録することも可能です。「時給が安い人」「22時以降労働できる人」など優先度を設定することもできます。
2.従業員から希望シフトを集める
従業員の希望シフトが毎週同じな場合、提出されたシフトをお気に入り登録しておけば、システムから自動で提出することも可能です。
3.生産ラインごとの必要人員をあらかじめ設定し、適切な人員配置を自動で行う
各生産ラインごとに必要な人数でシフトを自動で組みます。余分な人員を配置することがないため、生産性の向上が期待できます。
4.シフトの最終確認
シフトが確定したら最終確認を行うことで、シフト組みのミスによる納期遅延などを予防できます。
5.従業員に確定シフトを通知する
確定したシフトをボタン1つで全従業員に通知することができます。人件費も1日、1週間、2週間、4週間単位で確認できます。
お問い合わせ
インターネットで導入相談
遠方の場合でも、beepシフトの担当者と
直接お話しいただけます。
メールで導入相談
弊社の営業担当からご連絡いたします。
資料請求はこちら