Responsive image
こんなお悩みも解決できます!
看護編
お悩み
夜勤に対応したシフト作りと調整が大変
夜勤に関しては72時間ルールを遵守し、休息時間を確保しなければならないため、労働時間計算などでシフト作成に時間がかかります。

解決策
夜勤も24時間シフトも調整が簡単
24時間体制、夜勤、休息時間に対応して自動でシフトを組みます。看護師が充分な休息時間を確保できるように勤務間休息時間(インターバル)の設定が簡単にできます。
お悩み
有資格者の配置を考慮したシフト作成が煩雑
認定看護師、専門看護師、ケアマネージャー、ヘルパーなど、資格を持つ看護師を必ず入れる必要があり、組み合わせなど調整するのに苦労しています。
解決策
組み合わせを考慮したシフトを自動作成
資格を持つ看護師の必要人員、ヘルパーの必要人員を時間毎にそれぞれ登録してシフトを組めるので、管理者がその組み合わせを考える必要はありません。
看護の利用例
看護のスキル、優先度などを総合的に考慮し、自動的にシフト作成を行います。スキルの種類が多くても簡単にシフトを組むことができます。
1.看護師の業務ごとに必要人数をシフトモデルに登録する
日ごと、フロアまたは病棟ごと、セクションごとに様々なシフトモデルを登録することができます。
2.看護師から希望シフトを集める
シフトの提出状況が見やすい表で一目瞭然。看護師へのシフト提出のリマインドも自動で送られます。
3.習得度と人数に合わせたシフトを自動で組む
所属セクションでの習得度を5段階から選択できます。例えば、認定看護師、専門看護師、ケアマネージャーをセクションとして設定し、ベテランと新人で習得度を設定します。これらのデータを基にシステムが自動でシフトを組んでいきます。必要人員に合わせて各セクションの人数を自動で調整します。

4.シフトの最終確認
シフトの作成状況が全て調整完了または完了になると、最終確認を行うことができます。

5.看護師に確定シフトを通知する
シフトが確定したことを看護師に一括で通知できます。確定後に急な欠員が出た時は、一括で他の看護師にヘルプを要請することができます。
お問い合わせ
インターネットで導入相談
遠方の場合でも、beepシフトの担当者と
直接お話しいただけます。
メールで導入相談
弊社の営業担当からご連絡いたします。
資料請求はこちら