Responsive image
こんなお悩みも解決できます!
飲食店編
お悩み
慢性的な人員不足
シフトを組もうと思っても、いつも従業員が不足していて、シフトが組めずに困っています。
解決策
他店舗共有機能で従業員をシェア
beepシフトなら、系列店で従業員をシェアすることができます。系列店舗に応援の要請を自動で送り、シフトの穴を埋めることができます。
お悩み
人手不足で求人を出しても成果に繋がらない
通常の数時間勤務する前提の求人は募集をかけても応募がありません。短時間のシフトなら大勢集めることもできますが、人数が多すぎるとシフト組みが複雑になってしまい、手動でのシフト作成には限界があります。
解決策
短いシフトを駆使して人手不足を解消
beepシフトなら大人数で短いシフトも組むことができるので、人手不足を解消できます。例えば、100人以上の大人数で1時間、2時間のシフトでも簡単に組むことができます。

飲食店の利用例
あらかじめ登録した系列店同士で従業員をシェアすることができます。飲食店の慢性的な人員不足解消を手助けします。
1.従業員のセクションを登録する
従業員ごとにキッチン、ホール、皿洗い、レジなどのセクションを登録できます。複数セクションの登録も可能です。
2.客数に合わせて各時間帯の必要人数をシフトモデルに登録する
接客に必要な人数、調理できる人数を各時間帯の入店客数に合わせて設定できます。あらかじめ設定した時間に、従業員の休憩時間をセットすることもできます。
3.従業員から希望シフトを集める
希望シフトを従業員全員から集めます。従業員は店舗へ行かなくても、スマートフォンから希望シフトの提出ができます。お気に入りシフトを登録済みの従業員については、提出を忘れてもシステムから自動提出するように設定することも可能です。
4.人員が足りない部分はヘルプ要請(延長、休日出勤、他店舗共有)を送る
シフトモデルに対して従業員から提出された希望シフトで人員が足りない場合、システムが出勤できる可能性がある従業員に出勤要請を行います。自店舗で人員が不足する場合は、他店舗の従業員に出勤要請を行います。
5.自動でシフトを組み、確認後に確定シフトを従業員に通知する
シフトの調整が終わり次第、確定シフトを通知することができます。その後、店長は従業員がシフトを確認したかどうかも把握できます。
お問い合わせ
インターネットで導入相談
遠方の場合でも、beepシフトの担当者と
直接お話しいただけます。
メールで導入相談
弊社の営業担当からご連絡いたします。
資料請求はこちら